アヲイ報◆愚痴とか落語とか小説とか。

創作に許しを求める私の瓦斯抜きブログ

ペーパーバック版『ユトレシア・ブラックジャーナル・サーガ』発売されました。

表題の通りです。 ペーパーバック版、発売となりました。よろしくね♪ ユトレシア・ブラックジャーナル・サーガ 小林アヲイ https://t.co/1gTJZ17KC3#Amazon #POD — 小林アヲイ (@IrresponSister) 2021年5月5日 話の概要をご紹介。 倒産秒読みの崖っぷち異世…

すわ腸の異変…「がん? それとも?」不安との闘いと、その顛末。

2週間くらい前、上行結腸の盲腸に近い部分に違和感があり、お医者に行った。かれこれ一か月以上腸管が詰まっている感じがしていたのである。症状はそれだけで、別に痛みなどはない。お通じは普通(むしろ良好)で、血便もない。吐き気も腹部膨満感もない。…

3.11 にまつわる記憶。申し訳なく…【人によっては不快かもしれない】

10年前の3.11のことを書く。ずっと気にかかっている。苦い思い出である。 あのとき、ぼくは、地元鹿児島にいた。会社の車に乗って、出水駅から薩摩川内駅に向かって走っていた。運転しながら、ラジオのニュースに戦慄していた。 『東北で大きな地震が発生。…

2月の近況報告<小説・ダイエットなど>

仕事をしたくなくてサボっているので、ブログなんぞ書いて近況を報告します。 ★小説は、書いている。 進行中の娯楽小説『KHY(仮題・二部構成)』は、430枚くらい書いて第一部を脱し、現在、時間差で二重推敲をやっている。先行が冒頭から八割程度、後行…

「ぼくはまだまだ未熟者だ」と痛感した件。

過日、昔お世話になっていた会社に新年の挨拶に伺った。 感染拡大防止の観点から宴じみた席は設けられず、大御所大先輩がひっそり街に繰り出すにあたり、ガードマン兼お相伴と、久方ぶりに随行した。 予期していた通り、先輩、へべれけになり、道をまっすぐ…

2021年 あけましておめでとう

新年です。令和三年です。辛丑です。 あけましておめでとうございます。 皆様のご多幸をね。お祈りしてね。います。 ほんとです。 とにかく今年は、おいしいものを。 あらゆるものの中で、唯一裏切らないのが、おいしいという感覚で。 金は浮気者だし人間は…

【ただ茫然と】自分の2020年を振り返ってみる

毎年恒例、一年の振り返りです。今ちょっと過去記事を読み返して「毎年似たようなこと書いてるなあ」と、うんざりして筆をおきかけましたけど、まあ、年の瀬のお約束ですので、一応やります。 今年はなにしろ“コロナ”です。新型コロナウィルスの感染拡大によ…

ぼっち暮らしとロボット掃除機

Amazonで注文していたロボット掃除機が届いた。 www.amazon.co.jp 1Kの我が家には過ぎたるものである。電源を入れてみた。円盤がぐりぐり回りながら部屋の中をさまよう。棚だのソファの脚だのにぶつかると、回転し、どこぞ進めるところに進んでいく。進ん…

九州プロレス鹿児島大会を観戦しました。

kyushupro.blog.fc2.com 11.29 @鹿児島県民交流センター コロナウィルスで一度延期になったものの万を持して開催です。九州プロレス……名前は聞いたことがありましたが、実際に見るのは初めてでした。正直、見たかったのは藤波辰爾選手です。実際に興行がは…

Amazon Kindle 電子書籍 新刊のお知らせ。

表題の通りです。 イボロ: または屋根裏の暴君 作者:小林アヲイ 発売日: 2020/10/14 メディア: Kindle版 実は10月半ばに出版開始していたのですが、表紙や内容紹介がなかなかキマらず、いまさらのご紹介となりました。毎度表紙は苦労する。これは三代目です…

無責任落語録(40)「十代柳家小三治」

驚いた。この「無責任落語録」シリーズ、1年9か月ぶりとは。サボり過ぎだろ。別に反響がないからやんなかったとかではない。単に自分のうんちくがついえていた。情熱が下火になっていた。 談志が死に、円蔵が死に、歌丸さんが死んじゃって、ぼくの中でスー…

咽喉頭異常感症

喉に強い違和感・異物感があって医者に行ったら『咽喉頭異常感症(いんこうとういじょうかんしょう)』と診断された。

恒例(?)販路拡大と11月新刊について

電子書籍におけるわたくしの傲慢な一人遊び、所謂「なりきり出版屋さんごっこ」は、ずっとKindleダイレクトパブリッシングばっかなのが退屈になってきたので、久しぶりに他のところにも出してみることにしました。何しろ秋は「飽き」というくらいですから、…

食いもの画像サイト『小林食堂』を始動した。

(ひさしぶりにへったくそな筆ペン用いたね) 作りながら公開してたけど、このほど手持ちの撮りためた“食いもの写真”を全部移行したので、正規に御披露目です。 今日の時点で全部で204点だが、実は2点隠しモードにしているので、閲覧できるのは202点だ。 ど…

いいことではないけれど……

ゆうべは、家の近所の、歩いて一分くらいのところにある小公園のベンチで寝た。別に酔っぱらっていたわけではない。たしかに仕事帰りに居酒屋に寄り、少しくらいは飲んでいた。帰宅したのは0:00。それからシャワーを浴び、歯を磨き、日々録を付け、ジャ…

現代小説新刊10冊読んでみて思ったこと。

夏の独身者企画として全く個人的に「新刊10冊読もうキャンペーン」を開始したのは8月11日、その後一日一冊のペースで読み進め、本日2020年8月22日、成満した。 何でこんなことをしようと思い立ったかというと、ぼくが他人の作文を書く商売をしている手前、昨…

Windows7で急にiTunesが動かなくなり再インストールもできなかったが、その後なんとか復旧した話。

急にPC(Windows7)のiTunesが動かなくなった。エラーメッセージが出て起動しない。ちょうど頼みもしないEdgeがマイクロソフトから押しつけられた頃だったと思う。ともかく、iPhoneを使っている者としては非常に心細く、早々に何とかしなきゃなあと思ってネ…

アヲイ、桜島黒神埋没鳥居の“フィッシング”パーキングに引っ掛かるの巻。

馬鹿に天気が良くてやることもないので、あてもなく車を走らせようと、朝の八時頃に飛び出しました。ドライブです。あてもなくといっても道のあるところしか行けないので、とりあえず海沿いにグーッと行って、船で帰ってこようと。図解するとこんな感じです…

落語と「電通」と、嫌われ者のレッテル

落語好きを自認し、噺家自身の芸談から評論家のよもやま語りにいたるまで、随分落語関係の書籍を買い集めているけど、今日アマゾンが運んでくれるまで小山観翁氏の作が一冊も手元に無かったのは、大きな欠落だったことは認めます。 無論、小山観翁氏の存在を…

台所問題|シンクの排水溝のつまりがパイプ洗浄剤で解決しない件

墓地の近くの単身者用アパートに、かれこれ10年住んでいる。いまだに人魂も墓荒らしも視たことは無い。そばに清いドブ川が流れていて閑静で、墓をどうこう言わなければとてもいい場所である。いやしかし、墓を嫌う人は存外多い。どういうつもりなんだろう。…

新型コロナと事業継続支援金と紙屑屋

全然儲からない商売をしている上に、新型コロナ弊害を蒙りまくったので、にっちもさっちもいかず、公的資金を投入することになった。事業継続に関する各種支援の申請である。国や地方自治体がやっている。国民一律10万円の特別給付金とは別のやつ。あるでし…

超「腸」論。

進化論の本を紐解いて私なりに考えますと、生き物の祖先はみんな虫けらで、陸の上を這って歩く生命の基本的な構造というのは、食う孔と出す孔のついた一本の管みたいなものだろうと思うのです。ざっくりいうと、腸のぶつ切りが生きている ミミズみたいなのが…

警告|車に無頓着 & セルフ給油しか使わない貴方貴女へ。

今日久し振りにセルフじゃないガソリンスタンドに入った。ガス欠寸前で、いつものセルフに辿り着けるか怪しかったし、まあ今ガソリン安いからいいかな、と、たまたま通りかかったガソスタに入った。セルフじゃないところのお世話になるのは、7,8年ぶりく…

居酒屋の時短営業で気付いたこと。

居酒屋の時短営業によって、新たに分かったことがある。 このところ、年のせいか、表で飲酒して家に帰って寝ると、翌朝になって昨晩のことがとんと思い出せないことが多い。まことになさけなくて、自分のことも酒のことも嫌いになりそうだが、離縁するのは無…

読み放談|須藤裕美「異世界購買部!学生食堂はじめました。」を読む

主人公の女の子は、小川町なる田舎で、両親から受け継いだ小商店を切り盛りしている。気を失って目を覚ますと、欧風な世界の学園にいる。やれどうしようと困っていると、学園長が学園の購買部に働き口を見つけてくれる。

「遅いが勝ち」「うさぎとかめ」の確定申告

確定申告は年に一度のことである。時期が近づいて領収書をまとめ、帳簿を付け、そんでもって申告の書類をつくっていくわけだが、毎回やりながら 「あ、こういうことか」「なるほど、そうやるのか」「これはこういう勘定項目か」 と学びがある。 でも年に一度…

郵便料金が上がったと知らず切手が2円足りなかった話。

とある会社に請求書を送るにあたり、去年の10月に郵便料金が値上げになったと知らず、封筒一本84円のところを82円切手で出してしまった。世間知らずでお恥ずかしい限りだ。普段郵便全然使わないからねえ。投函翌日、街角の「郵便料金が変わります」というポ…

「このセルフパブリッシングがすごい!2020年版」が発売されました。

今年も「このセルパブがすごい!」がリリースされました。関係各位には深甚なる敬意を表します。お疲れ様でした。 おそまつなものですが動画をつくらせていただきました。「このセルパブ」がたくさんのひとの手に届く一助になればと、思います。 ▼ダウンロー…

アヲイ、ライブペイントを観覧するの巻。

このたび、はじめてライブペイントというものを観覧しました。何かの記事とか映像を通じて、そういうものがあるのは知っていましたが、実際に目の前で物が創られていくとは、どういう状況なのだろうと、観る前からわくわくしていたのです。 会場は鹿児島市内…

コンビニの傘について提案したい。

コンビニの傘について提案したい。 ぼくはですね、コンビニで大きめのビニル傘を買って、持っていたのですよ。 先日、雨の晩、友だち数人と食事に行くことになり、ぼくはその傘をさしていきました。 食事がすんで帰る時 ぼくらは店の最後の客でありました 入…

  • アヲイの小説作品はアマゾンキンドルダイレクトパブリッシング(Amazon kindle Direct Publishing/KDP)にて電子書籍でお楽しみいただけます。
  • kindleの電子書籍はアプリをインストールすることでPC・スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。アプリは無料です。【ダウンロード(Amazon)

PR|自伝・小説・記事・手紙等の作成代行は文章専門・原稿制作
PR|文章代筆・さくら文研