アヲイ報◆愚痴とか落語とか小説とか。

創作に許しを求める私の瓦斯抜きブログ

きりしま月の舟さん主催・詩人蒲原有明没後70年シンポジュームを聴講しました。

 

たまにはブログを書こう。

 

学サロン『きりしま月の舟』さんで行われた詩人蒲原有明没後70年シンポジュームを聴講しました。

月の舟さんとは、10年ばかし前、そのオフィスが鹿児島市内の天文館にあった時分、よくお邪魔して、いろんなお話をうかがったものです。その後疎遠になってましたが、縁あって再会しました(疎遠の間オフィスを霧島山麓に移転されていました)。

それで今回の、詩人解説の催し物のご案内をいただいたのです。

 

ころでぼくは、詩のことは、何にも分かりません。詩をどう読んだらいいか分からないし、どうやって書くのかもわからない。それ以前に、人がなぜ詩を書こうとするのか、そのきっかけ自体が分からない。

それなのに、詩人のシンポジュームに参加するというのです。

ですが、分からないからこそ行く価値があると思うのです。

 

ベント前日。まじめなぼくは、蒲原有明なる人物について予習しとこうと、ネットで調べました。正直に告白すると、全く知らない人でした。しかし、あんまり情報がヒットしません。ウィキペディアを見ると、どこ生まれでいくつで亡くなった、白秋に影響を云々とか書いてありましたが、近代文学史の知識がないので、どんな影響がどう影響したのか、いよいよ分かりません。一つ一つ調べていたら、途方もないことになり、明日の予習というにはやや大袈裟になるので、諦めました。一夜漬けさえ諦めた受験生の気持ちです。


日。鹿児島市内から車で約1時間半。霧島の山麓まで久しぶりに来ました。気温が鹿児島市街地より3度ほど低く、涼しかったです。

きりしま月の舟さんは、おいしいランチをされてます。
この日は鶏飯のランチ
カクテルグラスはお豆富で、上に載ってるのはオクラの花を調理したもの。

あっさりさわやか、ヘルシーなお昼をいただいて、講義がはじまります。

 

ンポジュームは、お茶とケーキをいただきながら、心地よい雰囲気の中で行われました。人数も、先生方を含めて15人程度。密対策もありますが、互いの顔がわかるちょうどよい規模で、まさに贅沢なひと時を楽しむ文学サロンなのです(Zoom参加の人も数名いました)

蒲原有明という人は、1875年の生まれで、ぼくが講義で知ったところを羅列すると…

  • 父は佐賀藩の人。
  • 象徴詩の人で
  • 後発詩人に影響を与えながらも「時代の遺物」のように扱われた。
  • 批判されるから自作の詩を何度も改稿して出版し
  • 改稿するたびに「ダメになっていく」と言われ
  • そのくせ画家青木繁が『海の幸』を修正すると「へたなことをした」と批判。
  • 大家をやっていて店子に川端康成がいた。

言文一致運動の詩バージョンみたいな時代のあたりを生きていたのではないかなと思います。

 

シンポジュームでは講師の先生がたくさんの資料を示しながら分かりやすく講義してくださいました。

詩のことは相変わらず分かりませんでしたが、蒲原有明が詩の近代史における重要な人物であることは、よぅく分かりました。詩に興味のある人は、蒲原有明を紐解いてみるといいでしょう。

終わってからお茶会
久しぶりにお会いする詩人の方がいて、なつかしくお話ししました。
月の舟さんにプロデュースしていただいた『銭湯戯画てぬぐい・月の舟バージョン』が販売されています。ちょっとだけ売り子の真似事をいたしました。

正面から撮ればよかった汗

りしま月の舟さんは、素敵な場所です。文学好きが鹿児島にお越しの際は、ぜひ寄るべし。霧島の自然の中で、おいしいランチをいただき、膨大な蔵書に囲まれて、のどかな時間を過ごせます。また、フレンドリーなご夫婦が、めっちゃ元気をくれますよ!


おしまい(^^)/

ブログを書いていなかったから、近況でも書いてみる。

表題の通りです。

以下、近況を記します。

 

1)小説は書いていない。

小説は書いていない。ちょいちょい絵を描いている。が、ほんと、ちょいちょいだ。

2)銭湯の絵は描いていない。

「オンセンサンの世界」なる個展をやらせてもらったのは、私の人生において、まこと光栄でした。これをきっかけに、知り合いから「これこれこういうものを描いてみて」という話があって、お手伝いをしたが、結構大変で「温泉の絵はもう当分いいや」と。それっきり、サボっています。英気が養われれば、またそのうち描くでしょう。

展示会の顛末については、ブログを一記事書こうと思ったけど、時間が経ちすぎて、意欲が減退してしまった。内容のメモはあるんだけどね。

3)酒場通いが減った。

コロナ規制があんまり長く、居酒屋を訪れる習性そのものがなくなった。「こんなの本来のぼくぢゃない」と思って、よっこいしょとのれんをくぐれば、それなりに楽しく、おいしく、ここちよいのだけど、それこっきりで完結してしまう。「めでたしめでたし」になるのである。
習性がなくなったというより、体力がなくなってる、というのが大きいかも。ゼニもない。

4)読書

数はこなさないけど、ジャンル問わず常に何か読んでる。最近はこれが面白かった。

5)何もしないばっかりで、じゃああんた、何してるの?

「なにもやってない」というのが一番正しい。まあ、それでも一日は24時間あるわけで、なにもしない時間が不可視な空白次元であることはない。
主に家で仕事をしていますよ。あと、最近は商売がヘタってきたので、販促殺法を研究している。すなわち、SEOである。WEBサイトでしか集客してないのでね。

 

ぼくは、どうもこう、夢を持つとか、物事に期待をするとか、そういう性向が生来的にない。世間じゃ「見返りを求める」というと打算的であんまりいい風に思われないものだが、実は見返りを求める人の方が、常に何か考えてて、人生に意義を見出すものです。欲得づくのほうが、人生彩りやすいのだ。その代わり、打算、つまり、取引というのは、いつも人と人の対面の関係から始まる。そこいくと、ぼくは、人や物事と関わったり、関わられたり、というのに、めんどくささを感じる。苦手だから躊躇もある。そんなわけで、一度底の方で淀むと誰かが攪拌してくれなきゃ浮かぶことができない。へいシェイク。

 

最近、元総理大臣の方が亡くなりました。別に支持をしていたわけでも、アンチだったわけでもないけど、ああいう格好で物事がおこると、ショックですね。びっくりしますね。最近ではこの事件がいちばん「ああ」と思いました。そんでね、ネットを消すと、あいもかわらぬくたびれた寝床がひろがってるってだけ。そんなとこ。

 

   *

以上、読み返しもせず。

 

無責任落語録(43)「柳家権太楼独演会」観覧記

2022年5月29日(日)、表題の興行が鹿児島市の黎明館で催されました。
お席亭は「落語を愉しむ会」。興行名の冠に『ゆるいと亭』とあるのは、会の別名なのでしょうか。
久々の観覧記をレポートします。

 

とのはじまりはこのチラシである。

不肖小林が銭湯戯画の展示をさせていただいている鹿児島市のコープ玉竜店、その壁に、このチラシが貼ってあった。

ぼくは手にして両面を見、「」と思った。

まず、ネタ出しとして『文七元結』と書かれている。

そして、裏面にはこんな引き句が書かれている。

爆笑王の異名をとる柳家権太楼師匠をお招きすることになりました

 え?「爆笑王」なのに、人情噺をもってくるの?

安直に滑稽噺と人情噺を切り分けて考えるのは思慮が足りないが、おおざっぱに言って、この組み合わせには一抹のねじれがある。

ぼくは「この会には何かある」と直感し、チケットの入手を決心したのだった。

 

代目柳家権太楼師匠の概略についてはご本人のサイトをご覧いただきたい。実力者街道をまっしぐらに駆け抜けてきたベテラン大真打である。


権太楼師匠について、ぼくは以前、動画サイトで『鰍沢』を視聴し、「ぬおおっ!」と感激したことがあった。

通常この噺は、身延詣りの旦那にフォーカスをあてる。受難の挙句、「一本のお材木で助かった」という、なんだかよく分からないダジャレでサゲとなる。
冬山の寒さ、迫りくる殺人鬼に怯える描写が、聴衆を震え上がらせる。十中八九、これをもってよい芸とみなす傾向がある。

しかし、権太楼師匠の『鰍沢』は違った。

フォーカスされるのは旦那ではなく、熊蔵丸屋の月兎花魁。
花魁の悲しみ・憎しみ・後悔・逆上といった破滅型の性格が赤裸々に描かれ、全編鬼気迫る高座となる。
ほとばしるように熱演され、演者も観衆もくたくたになるほどだ。

この師匠はただものじゃぁない。

動画を視たぼくは感激し、『鰍沢』で師匠の名を覚えた。
他にこんなアレンジをする人を見たことはないし、『鰍沢』という噺の魅力を向上させたのは間違いない。
この高座は一つの芸術的成功だとすら思った。

 

の一方で「」と思うネタもある。
営業妨害になるといけないので、具体的に何とは言わないけど、とあるネタを動画サイトで視たら、どうもこう、だれてしまって、ぼくは受け付けなかった。
客席は受けていたから、ぼくの感性がおかしいのかもしれないが、ぼくなりに分析したところ、ある種の軽めの噺を演ると、どうもクドくなりがちである。
つまり、先述の『鰍沢』で見せた熱演の高座手腕が、マイナスに働いているところがあるような気がしたのだ  

 

のように、ぼくは権太楼師匠について、『鰍沢』と『軽めの噺』の質的差異に見て取れる何らかの特徴を感じていた。

そんなさなか、会のチラシを見て矛盾に首を傾げたわけだが、もっとも、次の瞬間、別の察しが湧き起った。

ひょっとしてお席亭は、ぼくが『鰍沢』で感じたように、権太楼師匠の人情噺を滑稽噺以上に見込んでいるのではないか?

これなら話は分かる…ような気がする。
ぼくとしても、権太楼師匠が『文七元結』を演るというから、これは是非視に行かねばならないと思うにいたった。
逆に言うと、どんな異名を持っていたとしても、その他のネタだったら…分からない。

ちなみに、師匠は独演会の数日前、心房細動で入院しておいでだった。『鰍沢』で見せたような激しい高座は見れないかもしれない。
そんなことを気にしつつ、ぼくは会場に入った。

 

さてここからは、当日の高座模様を。

開口一番は二つ目、柳家さん光さん。
ネタは『初天神』の序盤。
口跡鮮やかで聴きやすい。最近の中堅噺家(つまりは落語界で今最も人気の若手たち)同様、デフォルメが効いている。
個人的な感覚だが、最近はこの傾向が顕著で、みんな似たものに聞こえる。登場人物をデフォルメするのではなく、噺のコントラストを調整することで、個性を造形できないか。

お次、主役の柳家権太楼師匠。
楽しいおしゃべりから『一人酒盛り』。
コロナ等、時事の話題は本当におかしかった。すしざんまいで「ワクチン」と「ホルモン」を言い間違えるおばあさんの話は思い出し笑いする。
しかし……本題については、先述の通り、やや苦しい部分が出ていたと思う。
コロナ解禁傾向で客席がスシヅメ、ひといきれが息苦しかったことも相まって、心身ともに苦しさを感じた。
軽い噺は立て弁ぎみに、さらりっと聞きたいところ。

 

入りを挿んで再び権太楼師匠。
ネタは約束の『文七元結』。
冒頭、「さっきの一人酒盛りで疲れて……」。
そりゃあそうだと思う。あそこまでやらなくてもいいのだ。
そして『文七元結』。予想通り素晴らしかった。
やはりこの師匠は熱演がハマる。
ほんとに柳? 三遊では?」と思うほど、やりすぎるくらいやって、それでいて全くクサくない。
落語というより芝居の舞台に近いのかもしれない。
ネタを固めすぎず、登場人物に没入し、その時のその意気で演じていらっしゃるのではないだろうか。
途中「煙草を吸う」という言葉が飛び出て、そう感じた。

 

は噺の中身について、「おや?」と感心したことがある。

それは佐野槌の女将の言葉だ。
これにより『文七元結』のはらむ根本的な欠陥が補われるという、画期的な言葉だった。
それはこんなセリフだ。

(長兵衛に五〇両を返す期限を尋ねるところで)
……じゃあ半年待ってあげよう。半年経って払えなかったら、私は心を鬼にしてこの子を店に出すよ。
いや、全部返さなくたって構わない、毎月二両でも三両でも、お前さんが心を入れ替えて一生懸命働いてるってことが分かるようになれば、私はこの子をすぐにでも返してあげるよ

通常、下線の部分ない。少なくともぼくはこのフレーズを他の噺家で聞いたことは無い。

女将は無慈悲に「娘を女郎にする」と言い放つ。そう言いつつ、「女一通りのことは仕込んでおくから」と優しさを見せる。つまりは「お久をしっかり手元に預かっておく」ことを約束する。
それなのに、鼈甲問屋近江屋が手を回すと、女将は娘を返してしまう。きっと女将は事の次第を聞かされ、長兵衛の義侠心に打たれたのだろう。しかし、わずか半日の出来事で長兵衛の性根が矯正されるわけがない

この噺はこのままハッピーエンドっぽく演じられて終わるが、聴衆は納得できない。

長兵衛は何も変わっちゃいねえ
結局あいつはまた博打でしくじるに決まってる
それなのにお久を返しちゃって、いいの、女将?

元結屋が繁盛したことなんざどうでもよく、登場人物の行動のいい加減さに首を傾げる  これがこの噺の欠陥であると、ぼくは感じていた。

ころが、権太楼師匠バージョンだと、下線部「いや、全部返さなくたって構わない~」以降がつくことで、当座の欠陥が劇的に改善する。この言葉によって、女将の判断基準が拡がり、お久の扱いの条件が緩和され、のちの展開を許容する準備が整うのである。
まあ、完全に消えるとまでは言い切れないが、ヒューマニズムを膨らますことで、全てが滑らかにいくような、ごく自然な流れが形成されるのだ。

このくだりが権太楼師匠のオリジナルなのかどうか分からないが、ぼくは権太楼師匠で初めて知ったので、茲に記録しておく。

以上、暴論ぎみだが、久々の落語会の観覧記でした。

権太楼師匠の『文七元結』、思った通り素晴らしかった。さん光さんの前途に期待したい。

いやしかし、コロナにおけるマスク着用……状況が許せばだけど、早くなくなってほしい。人を座席につめて座らせるなら、マスクは危険だ。途中で酸欠と脱水でやばかった。
早く元通りの世の中になりますように('A`)

 

▼落語の小説だよ!

オチケン

オチケン

Amazon

 

  • アヲイの小説作品はアマゾンキンドルダイレクトパブリッシング(Amazon kindle Direct Publishing/KDP)にて電子書籍でお楽しみいただけます。
  • kindleの電子書籍はアプリをインストールすることでPC・スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。アプリは無料です。【ダウンロード(Amazon)

PR|自伝・小説・記事・手紙等の作成代行は文章専門・原稿制作
PR|文章代筆・さくら文研
PR|サクブン110番