アヲイ報◆愚痴とか落語とか小説とか。

創作に許しを求める私の瓦斯抜きブログ

いいことではないけれど……

 

うべは、家の近所の、歩いて一分くらいのところにある小公園のベンチで寝た。
別に酔っぱらっていたわけではない。
たしかに仕事帰りに居酒屋に寄り、少しくらいは飲んでいた。
帰宅したのは0:00。
それからシャワーを浴び、歯を磨き、日々録を付け、ジャージ的なものに着替え、帽子をかぶり、戸締りをして外に出た。
途中、自販機でペットボトルのお茶を買った。

 

白色灯に照らし出された公園には誰もいなかった。
あずまやのベンチにペットボトルを横にして置き、それを枕に横になる。
めちゃめちゃ涼しい。
気温も湿度も、ちょうどよい。
たぶんこんなに心地良いのは一年に数日しかあるまい。
何で外はこんなに涼しいのに、家の中は、エアコンを入れても蒸し暑くなるんだろう。
あと、なんでこう、晩夏の夜、家に一人いると気が滅入るんだろう。

あずまやは屋根があるから星空は見えなかったけど、20年くらい前に一人上京して打ちのめされ、お花茶屋の公園で一晩眠った時は、「都内でも天の川が見えるんだな」と思った。
あれは初夏だった。
あん時も、家にいたくなかった。
ぼろぼろの寮で、エアコン無し、二階のロフト。
暑くて寝れたもんじゃなかった。
あと、やばい会社に入ってしまった後悔と焦りで気が滅入っていた。

 

公園。
けっこう熟睡し、起きた時はまだ真っ暗。
時計もスマホも置いてきたので時間が分からない。
ちょっと肌寒かった。
家に帰って時計を見ると、四時だった。

なにかこう、ちょっとした旅行に出たような心持ちだった。

 

職質されたらどうしようという不安は、常に、ありました。
もうやりません。

 

受給家族

受給家族

  • アヲイの小説作品はアマゾンキンドルダイレクトパブリッシング(Amazon kindle Direct Publishing/KDP)にて電子書籍でお楽しみいただけます。
  • kindleの電子書籍はアプリをインストールすることでPC・スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。アプリは無料です。【ダウンロード(Amazon)

PR|自伝・小説・記事・手紙等の作成代行は文章専門・原稿制作
PR|文章代筆・さくら文研