アヲイ報◆愚痴とか落語とか小説とか。

創作に許しを求める私の瓦斯抜きブログ

コンビニの傘について提案したい。

コンビニの傘について提案したい。

ぼくはですね、コンビニで大きめのビニル傘を買って、持っていたのですよ。

先日、雨の晩、友だち数人と食事に行くことになり、ぼくはその傘をさしていきました。

食事がすんで帰る時  ぼくらは店の最後の客でありました  入口の傘立てを見ると、無くなっている。
ぼくの買った大きめのビニル傘が無くなっている。
そのかわりに、柄のほそい小さなサイズのビニル傘が置いてありました。

これはきっと、小さい傘を持ってきた輩が、間違えてかワザとか、大きい傘とすり替えて持ってったんです。

表は雨が降っている。
ぼくはお店の人に言って、その小さな傘をもらって帰りました。
それ以来、ぼくはその傘を使っているわけです。

しかしですね、中年太りの男が小さなビニル傘をさしても、カバーしきれない。
肩だのカバンだの、足元だの、すぐびしょ濡れになる。
やっぱり大きな傘じゃないと。
頭ン中で「次コンビニに行ったら傘を買おう」と誓います。

ところが晴れた日にコンビニに寄っても、つい忘れてしまう。
かといって、雨の日には件の小さな傘を持っているので、新規に買うと二本持つことになり厄介。「大小二本たばさんで」というのは刀ならいいけどビニル傘では格好がつかない。

 

でも傘は、欲しいんです。

 

こで提案です。

コンビニエンスストア各社さん。

小さな傘を持っている人が来たら、100円くらい出したら大きい傘にバージョンアップできるようにしてくれませんか。

小さい傘の処分をどうするか考えないといけないけど、うえに頭のいい人がいるなら、なんとでも思いつくでしょう。

そうしてくれたらうれしいです。

以上

 

ユトレシア・ブラックジャーナル・サーガ

ユトレシア・ブラックジャーナル・サーガ

  • 作者:小林アヲイ
  • 出版社/メーカー: さくらノベルス
  • 発売日: 2019/09/26
  • メディア: Kindle
 

 

  • アヲイの小説作品はアマゾンキンドルダイレクトパブリッシング(Amazon kindle Direct Publishing/KDP)にて電子書籍でお楽しみいただけます。
  • kindleの電子書籍はアプリをインストールすることでPC・スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。アプリは無料です。【ダウンロード(Amazon)

PR|自伝・小説・記事・手紙等の作成代行は文章専門・原稿制作
PR|文章代筆・さくら文研