アヲイ報◆愚痴とか落語とか小説とか。

創作に許しを求める私の瓦斯抜きブログ

恒例(?)販路拡大と11月新刊について

子書籍におけるわたくしの傲慢な一人遊び、所謂「なりきり出版屋さんごっこ」は、ずっとKindleダイレクトパブリッシングばっかなのが退屈になってきたので、久しぶりに他のところにも出してみることにしました。
何しろ秋は「飽き」というくらいですから、気持ちはうつろいがちです。
手元の作品の一つが、ちょうどKDPセレクト三か月縛りの解けるタイミングだったので、其奴を放出しました。
以下の通りです。

ハッシュタグが一部おかしいですね。

ブックウォーカー」と「楽天kobo」は三年ぶりくらいですかね。やり方は何にも変わっていなかった。
グーグルあそブックははじめてで、設定にまごついた。
かたがたの電子書籍屋さん、それぞれどこがどんな具合か、肌で感じてみたいと思います。気付いたことがあったら、この場でなんか申し上げます。
まあ、たぶん半年もしないうちに撤収してKDPセレクトに戻すと思います。前もそうでしたからね。

 

刊『IBR(仮称)』は11月の第一週くらいに出す予定です。本文は6月に書き終わって、目下推敲中です。表紙はおとといくらい(11/7)に一応できました。

表紙のアイデアっつうのは、いつも本文を書いている途中で降りてくるんですが、今回は全然思いつかず、なんの閃きもないまま現在に至りました。でも表紙がないわけにいきません。ほんで、ちからわざでひねり出したところ、なにかこう、黄色基調の薄汚いのができました。

まあ薄汚いのは、中身もそんな感じだから、一致してる思います。

作品の雰囲気的には去年出した『受給家族』に近いのかもしれない。いや、近くないかもしれない。いずれにせよ、寸止め系です。

 

以上です。

  • アヲイの小説作品はアマゾンキンドルダイレクトパブリッシング(Amazon kindle Direct Publishing/KDP)にて電子書籍でお楽しみいただけます。
  • kindleの電子書籍はアプリをインストールすることでPC・スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。アプリは無料です。【ダウンロード(Amazon)

PR|自伝・小説・記事・手紙等の作成代行は文章専門・原稿制作
PR|文章代筆・さくら文研