読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アヲイ報◆愚痴とか落語とか小説とか。

創作に許しを求める私の瓦斯抜きブログ

読書歴。

思ったこと

ハマって読んでいた本を思い出すままに列挙する。

……やぁめた。

読んでた時期も分野もめっちゃくちゃ。
ハナから全部書きだそうとは思ってはいませんが、それでもなかなか思い出せるもんじゃないよ……てことは読んで無いに等しいのかも。

この中で一番良かったと思うのは「日本語」だ。
雑学から文法音韻まで、網羅されている。文章を書く人は必見である。

この中で一番○○かったのは「マノンレスコー」だ。
ピンとこなすぎた。高校一年くらいだったから、わからなかったかも。でも読み直そうという気も起きない。

雑学・蘊蓄の本てのは、読んだ時は「へえ」って充実感あるけど、一週間も経ったら内容はほとんど記憶に残ってない。
ところが文芸書はそうじゃない。感じたことは身体で覚えるんでしょうね。
そういう意味で金田一先生の「日本語」は「へえへえ」云いつつ身にはつきませんでしたが、「マノン」を読んでいた時の倦怠感は記憶している。「ウヘエ」って感じだ。

最近は、読むならすっきりしたものがいいですね。
文章なども変に凝らず、短期記憶負担の少ない、目で追うだけで頭に入ってくるような文。
昔は「知りたい」「学びたい」「感じたい」で読書していた。
今は「休みたい」「癒されたい」「忘れたい」だ。

バナー画像