アヲイ報◆愚痴とか落語とか小説とか。

創作に許しを求める私の瓦斯抜きブログ

温泉記。その5<湯周遊:鹿児島市内中央部>

変わらず、平日の昼間に温泉通いをしている。週4くらいのペースである。久しく自宅の風呂場を拝まない。

銭湯や温泉についてはまだほんの駆け出しだから、今は何にでも感動できる。昔からの湯道楽にとっては「何をそんなに」というようなことでも、心から喜んでいられるのである。

もしかすると今この時が、温泉趣味人として最も幸せな時かもしれない。ズブの素人だからこそ感じられる豊かさを、今のうちに存分に味わっておきたい。きっとそのうち「あそこは循環だからどーのこーの」とか「あそこはカルシウム成分が云々」とか、薀蓄を並べる嫌な奴になるだろうから。どうして野郎ってのは、物事をデータベース化しようとしたがるのかね? そうはなりたくないなあ。

 

て、無邪気な私が最近キャーキャー言っているのは、ひとつの気付きである。それすなわち、「比較的近所にある銭湯や温泉は、温度や泉質が似ている」という気付きだ。きっと地面の下で湯脈がつながっているんだろう。当たり前っちゃア当たり前なのだが、そんな当たり前のことで、今の私は大変満足なのである。

鹿児島市内中央部・鴨池地区周辺の温泉は、基本的に塩がキツくて結構熱い。長時間は入っていられないが、湯冷めしないことと肌への優しさは抜群だ。肩こり腰痛にはすごく効く。髪なんかサラッサラになって、リンス要らずである。

今回は三つの温泉をご紹介。

 

◆竹迫温泉

鹿児島市内でもっとも古い温泉と言われている。リニューアルされて非常に清潔である。湯船が三つ、深風呂・泡風呂/電気風呂・水風呂の三つ。入浴に特化しているのか、あまりこじゃれた感じはしない。特に広くも無い。けれども湯量が豊富でどっぷりと浸かった時の満足感は、他の追随を許さない。

脱衣場は非常にきれいで、涼やか。棚や床の色合いも落ち着いていて「よいなあ」という感じだ。
だが、サッシを開けて湯殿に入ると、なんというかこう…全体的に造りがドッシリしている。湯船のヘリや、掛け湯の壁などどこもかしこも分厚く、頑丈そのもの。入浴するおっさんたちもみな無心でわっせわっせと己を磨いており、心なしか面構えも凛々しい。硬派な風呂である。

  • 湯銭:390円
  • ドライヤー:20円
  • ロッカー:鍵付き無料

 

◆温泉錦湯

路面電車の通りからすぐ入ったところにある。
とても広くて、明るく、きれい。
湯船も広い。岩風呂、ゲルマニウム風呂、パルス風呂など。
湯量豊富、塩がきつめで、高い入浴感を得られる。

広くて明るいので解放感に溢れている。
湯殿に入ってすぐのところがガランと広い。タイルの上に仰向けになって手足を伸ばす爺さんたちが続出している。みな隠すところを隠そうともせず、極楽往生を手元に感じて恍惚とした表情を浮かべている。思わず合掌してしまいそうな光景だ。

  • 湯銭:390円
  • ドライヤー:3分10円
  • ロッカー:鍵付き無料

 

◆中村温泉

通りから奥まったところにある。入り口の重厚な「中村温泉」の石碑が印象的だ。
中は非常に広い。奥から岩風呂、寝湯、パルス湯、電気風呂など。「ぬる湯」という表示があるが、比較的熱い。

立地しかり、平日の昼日中に行くと穴場感がただよう無人っぷりだが、鏡の数から予想するに、ピーク時は相当入るのだろう。湯船もドカッと広く、大人数仕様。地元民に愛されているのがよく解る。ここも広いので爺様の甲羅干しを拝むことができる。

  • 湯銭:390円
  • ドライヤー:20円
  • ロッカー:鍵付き無料

取りあえず今回は、こんなとこ。
また掲載していきます。

最近は、手首が両方ダメになっているのと、それをかばったせいで左肩・左肩甲骨の凝りがひどい。温泉は息抜きとガチの療治になりつつある。
目下、次作小説BGS(仮)は原稿用紙で170枚程度の進み具合。プロット的には半分くらいまで達したかと思われる。けど、9月末完成はちょっとムリかなと思います。

温泉記。その4<龍門滝温泉>

泉というと「効能」、銭湯というと「地元民の風呂」という印象がある。詳しく調べると、二つの区分には温泉法とか公衆浴場法とかちゃんとオキテがあるようだ。でもまあマニアでもない限り、多くの人が前述の感覚と同じなのではなかろうか。
つまり温泉なら、泉質と源泉かけ流しにこだわりたいし、銭湯なら、きれいなタイル、曇らない鏡、シャワー・カランはもちろん、涼しい脱衣場、ドライヤー完備など、いろいろ細かく揃っているのがいい。

直、温泉の方は「ご褒美」だと思う。
田舎のいわゆる秘湯・名湯にいけば、湯船以外の入浴設備が皆無のところもある。入浴を清潔のための行為と位置づけたら、用をなさない。にもかかわらずその湯に参ることに意味を与えるとしたら、これはもう付加価値でしかなく、つまり「ご褒美」だ。

別にそれが悪いってんじゃないよ。

昔、鹿児島県の三島村を訪れた時、海っぺたにある東温泉というところに行った。温泉と言っても、岩場に湯が溜まっていて、それだけである。緑っぽく酸の強い湯で、一度身体を突っこんだら半日はずっとチリチリと温かい。舐めれば酸っぱい。ところがそこは、屋根は無いし、脱衣場っぽい壁はあるけどあんまり意味は無いし、手桶も灯りも何にもない。ここは清潔のための入浴に適しているとは全く思えない。だが、大海原の絶景に、ときおり浴びる白波のしぶきは、まさに大自然のエンターテインメントであり、ご褒美感満載である。
▼詳しくはこちら。写真が拝める。

れども、私はやっぱり、湯に入るなら清潔になりたい。
だから「銭湯」を好む。

銭湯にも二通りある。個人経営と、市町村が運営する銭湯だ。
前者は、小さいところだと本当に小規模で、近年数が減っている。大きいところは企業化してスーパー銭湯となり利益を上げている。
市町村が運営する方  これが私の好む方  は、大部分が田舎にありながら規模が大きく、設備が充実。非常に清潔である(公営施設からレジオネラ菌が出たら大変だ)。駐車場も完備されていて、訪れやすい。
おそらくこういったのは、公的な補助金か何かでできているのだろう。行政が「地域のお年寄りに娯楽的な施設を」という趣旨でこさえた箱モノなのだ。でなきゃ「何でこんなド田舎にかくも立派な施設が?」と思う。知らずに近づいたら、山中で異様にでかい宗教施設に出くわしたような衝撃である。

門滝温泉は、鹿児島県姶良市に存在するそんな温泉の一つである(宗教施設ではありません)。
鹿児島市の中心部から車で約一時間。
近くに龍門の滝という、絵にかいたような白滝があり、雨の後などは白濁した水をこれでもかと吐きだしている。
龍門滝温泉のウリは、湯船に浸かりながらこの瀑布を拝めるという点だ。
公営銭湯の例にもれず、シャワーやカランは完備、サウナもある。湯船は寝湯、電気湯、気泡風呂など。扇型で広々している。湯は熱からずぬるからず。個人的にはちょうどいい。

何がいいって、湯銭250円という安さだ。もっとも、近隣住民以外には交通の便の悪すぎるところだから、そのくらい安くないと。安い分、ガソリン代が掛かっているのである。

ただ……男湯だけかもしれないが、シャワーがなかなか湯にならない

銭湯の並んでるシャワーやカランって、あれは直列なのだろうか。自分が湯を出している時に、脇に人が来て栓をひねると、急に熱くなったり冷たくなったりする。次に訪れたら直列の源にあたるところを使おうと思うのだが、つい忘れちゃう。

ドライヤーはタダです。10円をぽっけに忍ばせておく必要はありません。ロッカーは鍵は無い。が、脱衣場の外に100円コイン式ロッカーがある。

龍門滝温泉の施設は、入り口に地元の物産市が広がっている。外に出て裏に回ると、鹿児島名物・廻るそうめん流し。滝を眺めながらそうめんを食べることができる。どうだすごいだろ(利用したことは無いけど)。

名湯とまでは言いませんが、個人的には居心地がよいと思う温泉です。湯殿の窓をあけ、その先に見える白滝の一筋を眺めつつ、肩まで湯に浸かっていると、ああ、この世は水の恵みで出来ている、と、思えるのです。

▼この記事のお湯はこちら。

初夏の雑感。~海だの原稿だの美学だの。

のところ、非常に暑い。
特に夜が暑いのは、日向日陰の別が無いから温度差が生まれず、風が吹かないからなのだろう......とかそんなことを思いつつ、夜な夜な散歩をする。
特に早足でもないのに、汗だくになる。
私はぼんやり歩いてるだけだが、身体はとにかく正直で、肌の隙間から汗をとめどなく流し続ける。
身体は文句も言わず、えらい。

 

最近は仕事が忙しい。
記事や広告、台本みたいなのが多い。
自宅でパソコンをポチポチうって、文を紡いでいく。
小さな仕事ばかりであまり大きな利益にはならない。
けれども「おねがい」と言われたら断れない。
日頃から自分に自信が無く、友人も少ないから、「この世のどこかに私のことをチラと思い出してメールをくれた人がいる」と思うと、嬉しい。
だからがんばる。

 

午前中はやる気がでないので、昼から働くことにしている。
そうすると、日中のあれこれがずれこんで、どうしても夜型になってくる。
気が付けば夜。0時を打つと、そろそろ寝ようと思い始める。
だが、気になるのが進行中の自作。BGS(仮)という奴。

「ちょっとだけ……ほんの2行でも書いて寝よう」

眠い目をこすって書きはじめ、気付けば2時過ぎになっている(それでも書けてる量はせいぜい2000字程度)。
ホントに寝なきゃと思うのだが、目はランランになっちゃって、寝れやしない。でもこれ以上続けると頭がカッカしちゃって明日に差し障るから、無理して床に就く。

瞼の裏では……
(プロレスものってマーケティング的にどうなんだろ。ニッチ過ぎやしないか……いや、この際売れる・売れないはどうでもいい。書きたいのを書けばいいさ。でも、手に取ってくれた人が読むに堪えるレベルの物にはしないと。あと、プロレス蘊蓄の割合はどうしよう? 多くしたらマニアックすぎるし、少ないと「プロレス」ってとこに惹かれてDLした人は呆れるだろうし。ううむ……)

眠れない、散歩する、汗をかく。
腹が減る。夜食する。肥え太る。

 

これが最近の私の日常だ。
暑いし仕事に追われてばかりだし次作は進まないし、はっきりいって不快な時間の連続である。
何とか断ち切りたいと思いもするが、策が無い。
興がって温泉通いなどはじめたが、結局温泉は温泉でしかない。
だいたいね、湯なんざ真夏の昼に行くもんじゃないよ。却って汗をかく。

うべ、友だち5人と飲んでたら、来月半ばくらいに海へキャンプへ行こうと話が出た。みんな盛り上がって「行こう行こう」、私も酒が入っていてつい「いいねえ」と言ってしまった。この時は、日常を打破するきっかけになると思ったのだ。

けど、朝になって、やっぱり行きたくない気分に襲われた

そもそも私は人と長時間いるのに耐えられない。いや、一人二人だったらいいが、三人を超えると、もう駄目だ。

その場の人数が自分を含めて三人以上になると、話に乗っかれなくなる。人の会話って、数が増えるにつれ話題がどんどん俗っぽくなる気がする。共通項を模索するあまり、人間性の濃さが薄まるんでしょうな。繰り返すお追従と愛想笑い。意外と上手に出来るし、やる意味も分かるけど、だんだん疲れてくる。そのうち、「何も出来るからってわざわざやんなくても」と思いはじめ、しなくなる。無愛想になる。結果、地味に嫌われる。


と、海だのキャンプだのというのが嫌だ。
アウトドアは、私がもっとも苦手とするイベント形態である。

  1. 外で、
  2. 人がいっぱいいて、
  3. 何か一つのことを一緒にやる。

この三要素は私の苦手項目だ。だから野球とかサッカーとか団体系スポーツは全部ダメだし、デートで夏祭りも無理だし、戦争になってもまともな兵隊にはなれまい。

仮に自分がまざってなくても、三要素を嗜好する人たちのことを私は解せない。
彼らの行動の根拠・美学・様式は不明だ。しかも悪いことに、これらを延々好み続ける人たち(とりわけ男性)は、己がそれを嗜好する由来も理由も顧みることなく、「どうでもいいけど俺が好むコレが至高」と、価値観を押し付けてきがちである。拒否すると「なんで」「どうして」「意味わからん」「オマエ人生損してる」等々。

超うざい。

 

れどまあ、今回は、海、行ってみようかな、と、思う。
毎晩夜更かし、仕事も趣味も原稿。現実逃避が温泉で、ゆだって疲れるばかり。
これじゃいかん。
自分の中の、妙に安定してしまった部分を打破するために、行こうと思う。
「期待してないから案外面白いことがあったりして」と、お定まりの皮肉な人生観を胸に抱いて。
しかし、策士策に溺れるというか、とかく文章書きが己のレトリックの失敗を認めるのに長く時間が掛かるように、だいぶ後になって「ああ、あの時は××だったなァ」なんて、中年の黒歴史みたいなものがおっぱじまったら、どうしよう。

まあ、いまさらね。

以上、書き散らしでした。御粗末。