アヲイ報◆愚痴とか落語とか小説とか。

創作に許しを求める私の瓦斯抜きブログ

読み放談|今田美奈子 柏屋コッコ「お姫さま養成講座」を読む。

 

たまにはコミックも。

フォロワーさんのツイートで知り、不思議と興味が湧いて即座にポチッた本である。

通常本を選ぶ時は、普段読まないジャンルであっても、何かしら自分の関心とリンクしているものだから、読む際はどこか納得しながらページを繰っていくものだ。

しかしこの本は、ぼくの知らないことばかりで  むしろ固定観念に毒されていた分野のことだったので  、格段の驚きと新鮮さ、圧倒的な知識をもたらしてくれた。

世間には様々なマナー本があるが、これほど効率的に伝統と美学に特化した、本場の社交界の雰囲気を網羅した書籍はないのではないか。もっとも、初歩の初歩、入門編的なものではあると思うけど。

 

姫様の道は広大かつ深淵である。本書はコミック形式でヨーロッパ貴族のお姫様のなりたち、ありかた、考え方を教えてくれる。

ぼくの抱いていたお姫様像は、おしゃれをしてツンと澄まして世間知らずで……等々、どちらかというと鼻につくイメージに近かった。だが、本書を読み通すと、実際はまるっきり違い、それどころかぼくが誤解していたお姫様像の背景にも「なるほどなあ」と納得するだけの理由があることを知った。

お姫様の存在を含め、伝統的な儀礼や形式といったものが今日まで残っているのは、それなりに理由がある。お姫様やそれを含む上流階級の存在意義を認識せざるを得なかった。

 

代は、19世紀以前のお姫様が活躍する時代と比べると、かなり事情が違ってきている。例えば、男女平等といった性における社会的役割の解釈や、経済格差による社会層の断絶は、お姫様や上流階級の存在意義を根本から覆してしまいそうだ。

それでもいまだに各国王家をはじめ上流階級が世界のあちこちで存続しているのはなぜか。

思うに、社会というものは、根本的にリベラルなものではないのだろう

平等や格差解消の精神は、確かに理想ではあるけれど、実現は不可能に等しく、富と権力を持つ上位の者が下位の者を矯正・指導した方が、秩序ある社会を形成・維持しやすい。むろん、上位の者はいろいろなものを兼ね備え、下位の者を引き付けるカリスマ性を養わなければならない。それが欠けた者が上位に立つと、下位の者は従わず、おのれの欲望のまま奔放に走り社会はめちゃめちゃになる。特権階級的な上流貴族の存在は社会秩序維持のために必要で、中でも抽象的なカリスマ性を醸すお姫様の役割は重要なのだ。

 

しかしたら、原作の今田先生は、どこかそのことを心に宿しているのではなかろうか。端々に意外に強い言葉が出てくる。

「口に手を当てるのは娼婦のポーズ」
「ジャージ類は捨て去ってください」
「(ハイティーは)優雅とはほどとおい労働者のお茶会」……等々

お姫様はみなの憧れの的になり、癒しを与えるような存在でなければならないというお姫様の根本哲学は、世間一般とは一線を画しておかねばならないことを暗示している。下々と同じことをしていたのでは、下々を導く存在たりえない。お姫様は必然的に超越的存在であることを求められるのだ。

こういったことをばっさりと言いのけてしまうのは、忖度や炎上のご時世において、気持ちいいくらいである。不思議と不快感は無かった。そして次の瞬間、なぜ不快感が湧かなかった理由が分かった。原作の今田先生の、いかにもお姫様らしい気風と鷹揚さが、厭味を感じさせなかったからだ。

 

以上、書評でした^^
希少ジャンルで読みやすく勉強になりました。おすすめします。

 

あ、そこのお姫様、ぼくの本を買ってください。

 

 

  • アヲイの小説作品はアマゾンキンドルダイレクトパブリッシング(Amazon kindle Direct Publishing/KDP)にて電子書籍でお楽しみいただけます。
  • kindleの電子書籍はアプリをインストールすることでPC・スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。アプリは無料です。【ダウンロード(Amazon)

PR|自伝・小説・記事・手紙等の作成代行は文章専門・原稿制作
PR|文章代筆・さくら文研