アヲイ報◆愚痴とか落語とか小説とか。

創作に許しを求める私の瓦斯抜きブログ

【ただ静かに】自分の2018年を振り返ってみる

末である。それにしても、これほどまで何の感慨も無い年末感を覚えているのは、私だけではないのではなかろうか。外を歩いても、人に会っても、さっぱりである。商店のデコレーションはそう華美ではないし、忘年会の噂も少なかった気がする。今年は年末年始に休む店も多いそうだ。だいたい、クリスマスがハロウィンに逆転されてたあたりで「こいつは何かヘンだぞ」と思ったものだ。

思うに、人々はもう先を見つめているのかもしれない。そのくらい、こっから先にはいろんなことが待ち受けている。たとえば年号が変わるし、オリンピックもそう遠くない。消費税だってあがるよこれは。そんなこんなを考え合わせると、目先の年末年始など、大した行事に感じられなくなっている……と思ったり思わなかったり。平成最後の年末は、どこかさびしい佇まいだ。

、兎にも角にも今年は終わる。
今年の小林アヲイも、平々凡々、多くの方々の栄達昇進を見送ってばかりの一年となりました。以下に怠惰な一年を懺悔します。個人的なことばかりなので、興味の無い方は、ご面倒とは存じますが、ブラウザを閉じておやすみなさい。

  1. リーランス稼業4年目。あんだけ毎日ビクビクしていたのが、いまや気が緩みまくっている。慣れって怖い。そしてなお悪いのは、先々の不安を「先のこと、先のこと」と、何だかどうでもよくなってきていることである。
  2. 業はガクンとへこんだ。とにかく年中通してヒマ。妻子持ちなら廃業必至である。尚、11月後半から急にラッシュがきて、今もヒーコラしているが、数値は全然追いつかず。おかげで来年、きっと税金安いよ。
  3. マだったのでAmazonPODに手を出した。面倒なだけで、実際はそうたいしたことじゃない。またこの売れないこと。別名義含め全5冊。
    ブレイブガールスープレックス

    ブレイブガールスープレックス

    • 作者: 小林アヲイ
    • 出版社/メーカー: NextPublishing Authors Press
    • 発売日: 2018/07/31
    • メディア: オンデマンド (ペーパーバック)
    • この商品を含むブログを見る
  4. マだったので小林アヲイ事務所のWEBサイトを作った。
  5. KDPは二作上梓した。8/18に「移民対AI-日本残飯株式会社」、9/4に「短編集|グリーンボーイアッパータイム」。前者は4月くらいに書きはじめたが、難しくて全然進まなかった。で、1巻に切って強引にリリース。後者は過去作をまとめたもので「思い立って即日仕上げ」である。

    移民対AI?日本残飯株式会社

    移民対AI?日本残飯株式会社

    グリーンボーイ・アッパータイム

    グリーンボーイ・アッパータイム

  6. 年ぶりに小説の投稿をおこなった。2月に書き出して6月に書き終えたものを、時間をおいて推敲し、12/21にポストにぶちこんだ。内容は「日本残飯云々」の対になる話で、あっちが大俯瞰ならこっちは庶民視線といったところ。来年春くらいにKDPかエブリスタに吐き出す予定である。

  7. にかく太った。
  8. 婚はしなかった。それどころか、恋もせず、愛しもせず愛されもせず。
  9. 年もツイッターで多くの方とお知り合いになれた。感謝です

えと、毎年ここでその年に読んだKDP本をリストアップするんですけど、今年は全然読めてません。読んでる途中や、ダウンロードしたっきりというのばかりです。だからやめときますね。

ちなみに今年読んだ紙の書籍の中でベストオブ俺なのは、こちらです。

リック・フレアー自伝 トゥー・ビー・ザ・マン

リック・フレアー自伝 トゥー・ビー・ザ・マン

趣味丸出しです。でもね、これはもう単なる自伝というより、立派なドキュメンタリーです。商売柄、人の自伝を扱ったりするんですが、これは素晴らしい模範ですね。

 

ういえば、今年はSNSやブログで精力的にKDP本の紹介をしている方がちらほらあり、中には私のものを取り上げてくださった方もいらっしゃいました。ありがとうございます。大々感謝です。お返し読みもままならず、読めても書評する言葉をもたない小林めをお許しください。

昔、広告業に携わっていた時に、何かを広める時は次の三人が要る、みたいなのを聞いたことがあります。

  1. 面白いことに気付き、新しい意見を述べる人
  2. 新しい物が好きで、それを身にまとう(周囲に知らせる)人
  3. 流行が好きで、知ったことを生活化する人

123の順に人数が多くなっていき、流行もこの流れに沿う。んで、一般的なものになっていくわけですね。セルフパブリッシングの世界では、目下12の人が増えつつあるんだと思います。昔からあった動きかもしれないけど、特に顕著な感じがしました。

 

年の正月三日ごろ、初夢で「うなじから白竜の尾が伸びる」というのを見た。縁起物かと思ったが、なんにもなかった。けど逆に悪いこともなかったので、夢なんて所詮夢かと。

来年のことは、白紙です。いつも白紙だけど、年末に接し、これほどまで先行きに虚無を覚えたことは、いまだかつてなかった気がする。去年までは、まだもうちょっと「新しいことでも…」と萌えいずるような気持ちがあったんだが。

まあ、今の状態が、ある意味もっとも冷静な視点で来年に向き合っているのでしょう。

気になるといえば投稿だが、もう出してしまったものを、いまさら何もできない。ここはやはり「来年は、ほにゃららをするんだ!」と能動的・積極的でありたいものです。

しかしホントに何も無いな。あと数日あるから考えよう。

なにかこう、新しい趣味を見つけたい。
去年は「温泉」を見つけた。
来年は…運まかせ>_< 

それではみなさん、良いお年を。

 

学園コメディ無責任姉妹: 超特盛マックスエディション

学園コメディ無責任姉妹: 超特盛マックスエディション

▲甥姪に会ったら強制徴収されるアレがあります。乞、御援助。

  • アヲイの小説作品はアマゾンキンドルダイレクトパブリッシング(Amazon kindle Direct Publishing/KDP)にて電子書籍でお楽しみいただけます。
  • kindleの電子書籍はアプリをインストールすることでPC・スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。アプリは無料です。【ダウンロード(Amazon)

PR|自伝・小説・記事・手紙等の作成代行は文章専門・原稿制作
PR|文章代筆・さくら文研