アヲイ報◆愚痴とか落語とか小説とか。

創作に許しを求める私の瓦斯抜きブログ

おいしい思い出

近は頼まれごとが多くてイライラしていることが多い。
そういうこともあってガス抜きでブログを連投しているが、そんなんでロクな記事がおこせるわけもない。まったくもって、皆様のお目汚しである。

けれどもガス抜きはガス抜きでしなきゃ前に進んでいけない。かといって、どっか遊びに行ったりするとなると、金も時間もかかるし、そもそも、頼まれごとをする時間を失くして本末転倒だ。

仕方が無いから机に座って、あれこれとガスが抜けそうなことを考えてみる。
小説のことなんか考えたらだめだ。かえって疲れてしまう。
何かやりたいことでも考えてみるか? これもだめだ、やりたいことの前に立ちはだかる現実があまりに大きい。もしくは、やりたいことが何にも出てこなくて虚しくなる。
いっそぶっとんだことを空想する? kindleがバカ売れして宮殿を建てるとか。苦しいねえ。

ろいろやって、最後に辿り着いたのが「おいしい思い出」を手繰り寄せるという試みだった。以前食べた美味しかった品々を思い返し、机に一筋の涎を垂らして脳内ホルモンを絞り出す。味と匂いの思い出というのは、案外鮮明に思い起こされる。結構何を食べてもおいしいと感じる馬鹿舌なので、思い返せば無限に出てくる。
金も時間もかからない。それでいてひとときの幸せ心地。おお。特許取ろうかな。

一番最初に思い出したのは、こちら。

日本橋 玉ゐ 本店
〒103-0027 東京都中央区日本橋2-9-9
4,000円(平均)2,500円(ランチ平均)

日本橋玉ゐ」のあなご箱めし。
訪れたんではなく、お客さんのところでお昼に出していただいた。煮詰めと山葵、あなごの細かい食感。あゝ、思い出してたら涎が。

私、プロフィールのところに書いてますけど、大のうなぎ好きであります。が、このお弁当をいただいて「うなぎもいいけどあなごもいいね」と思わずにいられなかった。うなぎの方がたしかに満足感は高い。だけど、ちびちび呑みながらとか、のんびり食べるならあなごの方がいい。胃もたれしないし、お値段もやさしい。

小説など、ものづくりにも通じるところがある気がする。うなぎみたいにどりゃあっとゴージャスなのは、みな求めるし、作り手も挑戦してみたいと思うものだが、やはり飽きる&疲れる。地味だけどじわじわずっと楽しめるあなごみたいな作品の方が、長期的に見て満足感は高いかもしれない。受け手にも送り手にも。

…と、ここまで読み直して「何の例えじゃ?」とあきれ返った。いくら趣味だからって、何でもかんでも創作に結びつけることはなかろうに。

ちなみに、この記事は広告じゃありません。おいしかったのをおいしかったと書いた、それだけです。

い出は思い出にとどめとかなきゃいかん。「じゃあ今度食べに行こう」などと思ってしまうと、時間も金も無いので、思いは遂げられず、かえって消沈してしまう。

結局どうしたいのか分からないけど、当分はギリギリの味回顧でガス抜きするしかないですね。

11月が終わる。
今年はこのまま暮れてしまおう。

学園コメディ無責任姉妹 4: 孤高少女の放心

学園コメディ無責任姉妹 4: 孤高少女の放心

 

  • アヲイの小説作品はアマゾンキンドルダイレクトパブリッシング(Amazon kindle Direct Publishing/KDP)にて電子書籍でお楽しみいただけます。
  • kindleの電子書籍はアプリをインストールすることでPC・スマートフォン・タブレットでもご覧いただけます。アプリは無料です。【ダウンロード(Amazon)

PR|自伝・小説・記事・手紙等の作成代行は文章専門・原稿制作
PR|文章代筆・さくら文研