アヲイ報◆愚痴とか落語とか小説とか。

創作に許しを求める私の瓦斯抜きブログ

温泉記。その6<湯周遊:鹿県国道3号線点々>

ールデンウィークやお盆休みたいにまとまった休みは、無粋で無愛想な私でも、レジャーに誘われたりする。登山だ、海水浴だと、日頃よりかえって疲れることばかりで、全然休みじゃない。そもそも誰かと一緒にいるだけで気疲れがする。誘ってもらっといて言うのも何だが、だいぶ遠慮していただきたいのが本音だ。

休みとは、私にとって本来「なぁんにもしない日」である。

だからと言ってホントに何にもせずに家でごろっちゃらしていると、せっかくの休みを無為に費やしてしまったような気がする。私って本当に面倒臭い。

 心身共に健全な休みの過ごし方とは一体何であるか。
今年の夏は、いまさらながらそんなことを考えさせられた。
そこで行き着いたのが、こんな考え方だ。

心身の安息休養もさることながら、濃密な自己肯定感の追及こそ充実した休日の本質ではないか。

簡単に言うと、いわゆる「休日」は「心身の安息休養を図る日」とは別物だということだ。
「安息休養」は肉体疲労の回復が目的だ。具体的には、朝寝をしたり、半日ボーッと何もしなかったり、酒を控えてみたり。それでいくらか回復する(ちょっと若さ任せなところがあるけど)。
かたや「休日」は、私が私であるための活力・自信を取り戻すための儀式である。「私が私で」とする以上、誰かと何かをするのではない。私が好きなことを一人で目一杯やるのだ。

いうわけで、私は自分で定義した「休日」を敢行するため、先日、丸一日を費やして活動してみた。
ずばり、【自作執筆&温泉ハシゴ】の旅である。
哀しい哉、今の私にはこの二つくらいしか「私が私である」ことを確認できるものがない。ほんとは安い温泉宿に一泊したいくらいだったが、予算の都合で無しになった。それに、さすがに一日半以上のオフはとれないしね。

ハシゴした温泉は3つ。
いつものように、鹿児島県の湯である。

 

◆冠岳温泉

鹿児島市から国道3号線をウーンと一時間以上走ったら、いちき串木野市なる場所に出る。そっから山の県道を走ると、冠岳に辿り着く。かつて徐福が秦の始皇帝の命令で不老不死のクスリを探しにやってきて、ここに冠をおさめたから冠岳と言うらしい。そこに湧く温泉だから、有難くないわけがない。

名称と場所柄からどろっどろの秘湯かと思いきや、とてもこざっぱりとした温泉施設である。銭湯というにはスタイリッシュで、ベージュの明るい漆喰風の壁に、清潔さとぬくもりが併存している。洗い場もきれいで、シャワーがカラン同様自動ストップするのは初めてみた。露天もある。

平日ながら人が多く、わちゃわちゃしていたが、まあ、人が集まりそうな温泉だと思う。店員さんが明るく元気なのは好感。

  • 湯銭:330円
  • ドライヤー:無料(男湯2機)
  • ロッカー:有料鍵か籠のみ

 

郡山温泉

こちらも国道3号線から小道に分け入るのだが、冠岳温泉よりは鹿児島市にうんと近い。川沿いに3つの駐車場スペースが妙なアップダウンで並んでいる。そうめん流しの屋根も見える。その奥まったところにある大きな建物が郡山温泉の本丸である。中は温泉宿で、土産物売り場や自炊場が見えたけど、パッと見て元は病院なのかなあと思った。

湯銭は400円とやや高めだが、納得させられるだけのものはある。内湯が二つ。それぞれ別の間取りで、脱衣場を経由しなければ往来できない。そのうち一つが露天につながっている。
露天につながっていない方の内湯は、広い湯船が特徴。脱衣場から床まで数段の階段があるから転倒注意だ。ぬるめでトロッとした泉質。こいつぁ心地よい。かなりの量の湯が滾々と湧いている。
かたや、露天につながる内湯は、広くはないが同質の湯と、竹筒からのうたせが一筋、尽きることなく流れている。
露天は日本庭園風、タイルは暗調でシック。屋根の下のぬるめの湯は、いつまでも入っていられそうな心地良さだ。壁にテレビが掛けられていたが、何も流れていなかった。もっとも、露天に入ってまでテレビ観るような奴は、野暮だなあ。

  • 湯銭:400円
  • ドライヤー:無料
  • ロッカー:有料鍵か籠のみ

 

◆とどろき温泉

前述の郡山温泉の、川を挟んだところにデンと建つ。こちらも温泉宿だから、近隣はさながら温泉郷である。
湯殿はワンフロア。広くて天井が高く、光が入ってとても明るい。幾何学的に弧を描いた湯船の中に、音波、気泡、低周波風呂が並んでいる。真ん中あたりにドバドバ湯が流れ込んでおり、その辺りはちょっと熱い。源泉温度がかなり高く、加水しているとのこと。それでも他所の温泉と比べて結構熱い。シャワーも熱い。熱いのがお好きな人にはたまらんだろう。
こぢんまりとした露天風呂もある。竹垣から首を伸ばして外を眺めると青田が広がっていた。青天に緑が眩しかった。

  • 湯銭:300円
  • ドライヤー:無料
  • ロッカー:無料鍵

今回の湯めぐりは、以上三つ。
どの湯もすばらしかったよ。

さて、真夏の露天風呂は、気を付けなければならない。35度の炎天下でも、湯船に浸かっていると涼しく感じるが、間違いなく熱射にさらされている。ダラダラ入っていると、湯殿に戻ってキュー、だ。

泉を挟み、ファストフードやファミレスで自作小説を書き進めた。BGS(仮)、初の格闘技モノである。元々プロレスファンで、格闘技はまあまあ好き。あまりマニアックにならないよう、表現を禁欲して書いている。予定の半分くらいに達して、ようやくメインキャストのデビュー戦を迎えた。アクションシーンはあまり書いたことがないので難しい。

長物を長い時間かけて扱っていると、「はて……これって面白いかな?」と根本的な迷いにぶつかることがある。実は、いまちょっとそんな感じだ。筆が鈍ったらいつもなら数日放置するのだが、こういう心境の時にそれをやっちゃうと、そのまま興味を失って二度と戻らなくなることがある。だから今は、作品への疑念を掘り下げない程度の分量を、淡々と書き連ねようと思う。

温泉・執筆・温泉・執筆……と繰り返したこの日。三つも湯に入ったら、さすがに身体がぐったりした。その晩は「今日は飲酒はやばいな」と、素直に寝た  このことも、身体にとっていい休みになったはずである。

学園コメディ無責任姉妹 1・2巻コンプ版

学園コメディ無責任姉妹 1・2巻コンプ版