アヲイ報◆愚痴とか落語とか小説とか。

創作に許しを求める私の瓦斯抜きブログ

初夏の雑感。~海だの原稿だの美学だの。

のところ、非常に暑い。
特に夜が暑いのは、日向日陰の別が無いから温度差が生まれず、風が吹かないからなのだろう......とかそんなことを思いつつ、夜な夜な散歩をする。
特に早足でもないのに、汗だくになる。
私はぼんやり歩いてるだけだが、身体はとにかく正直で、肌の隙間から汗をとめどなく流し続ける。
身体は文句も言わず、えらい。

 

最近は仕事が忙しい。
記事や広告、台本みたいなのが多い。
自宅でパソコンをポチポチうって、文を紡いでいく。
小さな仕事ばかりであまり大きな利益にはならない。
けれども「おねがい」と言われたら断れない。
日頃から自分に自信が無く、友人も少ないから、「この世のどこかに私のことをチラと思い出してメールをくれた人がいる」と思うと、嬉しい。
だからがんばる。

 

午前中はやる気がでないので、昼から働くことにしている。
そうすると、日中のあれこれがずれこんで、どうしても夜型になってくる。
気が付けば夜。0時を打つと、そろそろ寝ようと思い始める。
だが、気になるのが進行中の自作。BGS(仮)という奴。

「ちょっとだけ……ほんの2行でも書いて寝よう」

眠い目をこすって書きはじめ、気付けば2時過ぎになっている(それでも書けてる量はせいぜい2000字程度)。
ホントに寝なきゃと思うのだが、目はランランになっちゃって、寝れやしない。でもこれ以上続けると頭がカッカしちゃって明日に差し障るから、無理して床に就く。

瞼の裏では……
(プロレスものってマーケティング的にどうなんだろ。ニッチ過ぎやしないか……いや、この際売れる・売れないはどうでもいい。書きたいのを書けばいいさ。でも、手に取ってくれた人が読むに堪えるレベルの物にはしないと。あと、プロレス蘊蓄の割合はどうしよう? 多くしたらマニアックすぎるし、少ないと「プロレス」ってとこに惹かれてDLした人は呆れるだろうし。ううむ……)

眠れない、散歩する、汗をかく。
腹が減る。夜食する。肥え太る。

 

これが最近の私の日常だ。
暑いし仕事に追われてばかりだし次作は進まないし、はっきりいって不快な時間の連続である。
何とか断ち切りたいと思いもするが、策が無い。
興がって温泉通いなどはじめたが、結局温泉は温泉でしかない。
だいたいね、湯なんざ真夏の昼に行くもんじゃないよ。却って汗をかく。

うべ、友だち5人と飲んでたら、来月半ばくらいに海へキャンプへ行こうと話が出た。みんな盛り上がって「行こう行こう」、私も酒が入っていてつい「いいねえ」と言ってしまった。この時は、日常を打破するきっかけになると思ったのだ。

けど、朝になって、やっぱり行きたくない気分に襲われた

そもそも私は人と長時間いるのに耐えられない。いや、一人二人だったらいいが、三人を超えると、もう駄目だ。

その場の人数が自分を含めて三人以上になると、話に乗っかれなくなる。人の会話って、数が増えるにつれ話題がどんどん俗っぽくなる気がする。共通項を模索するあまり、人間性の濃さが薄まるんでしょうな。繰り返すお追従と愛想笑い。意外と上手に出来るし、やる意味も分かるけど、だんだん疲れてくる。そのうち、「何も出来るからってわざわざやんなくても」と思いはじめ、しなくなる。無愛想になる。結果、地味に嫌われる。


と、海だのキャンプだのというのが嫌だ。
アウトドアは、私がもっとも苦手とするイベント形態である。

  1. 外で、
  2. 人がいっぱいいて、
  3. 何か一つのことを一緒にやる。

この三要素は私の苦手項目だ。だから野球とかサッカーとか団体系スポーツは全部ダメだし、デートで夏祭りも無理だし、戦争になってもまともな兵隊にはなれまい。

仮に自分がまざってなくても、三要素を嗜好する人たちのことを私は解せない。
彼らの行動の根拠・美学・様式は不明だ。しかも悪いことに、これらを延々好み続ける人たち(とりわけ男性)は、己がそれを嗜好する由来も理由も顧みることなく、「どうでもいいけど俺が好むコレが至高」と、価値観を押し付けてきがちである。拒否すると「なんで」「どうして」「意味わからん」「オマエ人生損してる」等々。

超うざい。

 

れどまあ、今回は、海、行ってみようかな、と、思う。
毎晩夜更かし、仕事も趣味も原稿。現実逃避が温泉で、ゆだって疲れるばかり。
これじゃいかん。
自分の中の、妙に安定してしまった部分を打破するために、行こうと思う。
「期待してないから案外面白いことがあったりして」と、お定まりの皮肉な人生観を胸に抱いて。
しかし、策士策に溺れるというか、とかく文章書きが己のレトリックの失敗を認めるのに長く時間が掛かるように、だいぶ後になって「ああ、あの時は××だったなァ」なんて、中年の黒歴史みたいなものがおっぱじまったら、どうしよう。

まあ、いまさらね。

以上、書き散らしでした。御粗末。