読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アヲイ報◆愚痴とか落語とか小説とか。

創作に許しを求める私の瓦斯抜きブログ

無責任落語録(25)「湯屋番」

いもので12月である。去年の今ごろもそうだったが、年の瀬は焦る気持ちが募る。

「今年一体何が残せたっけ?」

人生の時間には限りがある。焦れるのは、日頃から何かと挑んでいる証拠だ。「あれもしたいこれもしたい」と思うから、時間が早く過ぎる気がする。

もっとも実際は、

「結局何も出来んかった!」

「あれもしたいこれもしたい」どころか、やりたいことすら見いだせぬまま、12月を迎えてしまった。何か考えなきゃとは思っていた。だが、想像力が働かず……妄想でもいいからすりゃあよかった、と、後悔する。

 

を取って著しく感じるのは、妄想力の減退だ。
想像力・構成力・推理力といったものは経験値がモノをいうから、衰えるどころかむしろ増大したような気がする。同時に思い込みみたいなものも強まって、徐々に自分が頑固な中年に熟れつつあるのも分かる。かたや妄想力は明らかに減った。  ああ、長らく思い抱いていない、煩悩と色気に満ちた、まどろむような恍惚。法悦の霧に敷かれ、ハッと気づいて赤面するエゴとエロ。世界を自分中心に廻す官能的思索は、今で言う「中二病」的なものではなかったか(過去形なところが中年だ)

いつまでも若くあるためには、官能的な妄想に妥協を許してはならないのかもしれない。

官能的欲求は、種の存続にかかわる感覚で、殖産可能(?)な若さを維持する有効な手立てであることに疑いはない。妄想力は、その官能を実現するための緻密な青写真である。よく、巷に年甲斐も無くモテ続ける爺さんなどがいるが、彼らに共通しているのは実にマメであることだ。マメというのは、相手の心理や行動のパターンを先読みするからできることであって、やはりそこには下心というか、官能の妄念が原動力になっているだろう。たぶん。きっと。

 

ある古典落語の中に、良き妄想者の手本といえる噺がある。
湯屋番である。
勘当された若旦那の、湯屋の番台で繰り広げる妄想が、落語国の妄想茶人の中でもとびっきりにハッスルしている。※ 内容は各自ググるように。

明るく楽しく、軽く笑えるから、どこで演っても受ける噺だと思う。演者も多い。六代目三遊亭圓生・三代目三遊亭金馬・五代目古今亭志ん生・三代目古今亭志ん朝・五代目柳家小さん・十代目柳家小三治……初代林家三平も演じている。だが、誰もが演るからといって決して簡単な噺ではないと思う。テンポを一度でも崩すとグズグズになりそうだ。

蘊蓄を述べると、この噺は三遊と柳で違いがある。三遊では湯屋の名が「桜湯」、柳では「奴湯」だ。といっても、五代目三遊亭圓楽は「浜町の梅乃湯」で演っているから、そこまで厳密ではないようだ。また、三遊では若旦那が熊五郎の勧めで湯屋に赴くのに対し、柳では若旦那が自ら湯屋を志して行動する。
ちなみに銭湯のことを江戸では「湯屋」、上方では「風呂屋」という。

 

の噺のメインは、なんといっても番台に上がった若旦那の妄想劇である。ひとつひとつの妄念をいちいち検証しながら先に進めていくところが特長である。

~私が番台にいると、女湯の一人が私に惚れるね。女はそうだな、年増……は興味は無い。娘っ子じゃダダをこねて面倒だ。そうだなァ、どこかの旦那の愛妾がいいね。女中を一人連れてくるよ。

「あら、お清や、今度の番台さんはちょいと乙だね」

~女に言われて家まで訪ねていくよ。盛っているように思われるのも野暮だから、偶然前を通り過ぎる感じでね。女中が私を見つけて中に声を飛ばすよ。

「姐さん、お湯屋の番頭さんが、いらっしゃいましたよぉ」

待ち構えているものだから、泳ぐように出てくるね。

「あら番頭さん、今日はどちらへ?」

そこで私は答えるよ。「いやあ今日はマキ集め」こりゃ良くないな。「釜が壊れて早仕舞」これも野暮だ。……うん、母親の墓参にしよう。

そしたら姐さん、こう言うね。

「まあお若いのに孝行なこと」こりゃいい!

~酒を差されてすぐ飲んじゃガサツでいけない。かといって飲めないってのもつまらない。そうだ、こう言おう。

「いただけますればいただきますし、いただけませんければいただきません。ェエ、右や左の旦那様ァ」って、これじゃ乞食だよ。

セーブポイントでセーブしながら全シーンをコンプしていくアドベンチャーゲームのように、若旦那は妄想のあらゆる状況を裏も表も味わい尽くす。これぞまさに妄想の正道である。

その途中々々を、男湯からの視点がツッコミとして入っていく。冷静な視点かと思いきや、面白がって赤の他人に「お前も見ろ」と促したり、見入るあまりに軽石で顔をこすって流血したり。客観的視点まで笑いを担おうとするところが、この噺の腰の強さだ。

最大の見せ場は、若旦那の芝居仕立ての妄想である。

~雷もキリキリと鳴ったら凄いね。女は歯を食いしばってひきつけを起こすよ。私は盃洗の水を口移しに飲ませるね。そしたら女はうっすら目を開けて言うよ。
「今の水の、うまかったこと。……雷様は怖けれど、私にとっては結ぶの神」
「ヤヤッ、そんなら今のは空癪か」
「うれしゅうござんす、番頭さん……」

妄想も基礎の上に立てば貫禄すら帯びる。

 

居掛かりの後、ネタは一気にラストに向かうが、正直ストンと落ちるサゲではない。若旦那の艶っぽい語り口が印象に残っているうちに、突っ走って噺を終えるのが無難だろう。

話が前後するが、噺の冒頭、若旦那が湯屋に向かう前にも、熊五郎とのちょっとしたやりとりがある。おしなべて下らなく、客席をヘラヘラさせるに留まる。そのお陰か、後に来る番台の独り語りが効いてくる。

そう考えると、この噺は前の演者が濃いネタだった後にいいかもしれない。前を受けてヘラヘラ程度でスッと入り、中でしっかり笑わせる。笑わせると客席は疲れるから、最後に少し緩めてサゲる  次の人が演りよい。前後の演目に気を遣える噺のような気がする。

   *

こうしてみると、若旦那には非常に明確な女性観・粋不粋の別・芝居をバックボーンにした男女間の理想型があるようだ。良い妄想のためには美学が必要であることを思い知らされる。そらそうだ。自分の好きなものをイメージできない限り、妄想しようにも手立てが無い。年の瀬だろうが年始だろうが、「あれもしたいこれもしたい」を思いつかないのも当然である。まずは自分磨きができていなければ、毎年同じ焦燥を繰り返すだけだ。

ようし、来年は良き妄想のための美学を養おう。

  こうして私はどんどん常識的社会人としての枠組みから外れてゆくのでした。……ま、実際はそんな勇気を持ち合わせておらず、どっかで我に返って小市民である自分に安堵するんだがね。

以上です。

無責任姉妹 1: 漆田琴香、煩悶ス。 (さくらノベルス)

無責任姉妹 1: 漆田琴香、煩悶ス。

バナー画像